第10回 日本・イラク学術合同会議開催のご案内(10月9日配信)

日本・イラク外交関係樹立80周年記念
第10回 日本・イラク学術合同会議
日本とイラクの教育制度:比較の視座から

10th International Iraqi Japanese Conference
"The Educational System in Japan and Iraq
from Comparative Perspectives"

【日時】 2018年11月17-18日(土・日曜)
【会場】 早稲田大学

【Date】 November 17-18 (Sat.-Sun.) 2018
【Venue】 Waseda University

 2018年11月、日本とイラクは外交関係樹立から80周年を迎えます。
 その間、イラクは、イラン・イラク戦争、湾岸戦争、そしてイラク戦争と、戦争や制裁などの数々の困難に見舞われてきました。一方日本は、1970年代以来湾岸戦争までイラクと緊密な経済関係を維持し、多くの日本企業がイラクでの経済開発に携わってきました。
 しかし、イラク戦争以降は、イラクでの戦後の復興もままならず、両国の人的交流も難しい状況に置かれています。
 このようななか、イラクの日本研究者と日本のイラク研究者の間では、2005年以来、地道な研究、教育分野での交流が続けられてきました。イラクからはバグダード大学、ムスタンシリーヤ大学、イラキーヤ大学、日本からは千葉大学、早稲田大学、東京大学、東京外国語大学など、研究者間の交流が、多くの大学、研究機関で推進されているのみならず、政府系、NGO系の実務家の参加も広がっています。
 このたびの第10回日本・イラク学術合同会議は、両国の外交関係樹立80周年という節目の年を記念して、「日本とイラクの教育制度」をテーマに、イラクから7名の第一線の研究者をお招きして、早稲田大学で開催されます。扱うテーマも、現代政治、日本の対外援助、考古学、シーア派研究など多岐にわたります。また、日本で学ぶイラク人留学生による研究報告も行われます。
 日本とイラクの、錚々たる研究者と実務家が結集する本会議に、ぜひ多くの皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

Programme of 10th International Iraqi Japanese Conference

共催 国際交流基金、千葉大学、早稲田大学イスラーム地域研究機構、
文部科学省科研費(16H06546)グローバル関係学

Sponsored by Japan Foundation/ Chiba University/ Waseda University--Organization for Islamic Area Studies / JSPS-Kakenhi (16H06546) “Relational Studies on Global Crises

【お問い合わせ】グローバル関係学事務局 glblcrss@chiba-u.jp

【Inqure】Secretariat, Relational Studies on Global Crises glblcrss@chiba-u.jp