国際ワークショップ「中東における宗派主義:宗派がいかに政治・紛争に動員されるか?」開催のご案内 (7月30日配信)

Scholars-All-Stars
International Workshop on
"Sectarianism in the Middle East
: how is it mobilized in politics and conflicts?"


国際ワークショップ
「中東における宗派主義:宗派がいかに政治・紛争に動員されるか?」

 2014年6月以降3年の間シリア、イラクに拠点をおいたISは、徹底した反シーア派姿勢を取って同地域の宗派対立に拍車をかけた。翌年のイエメンでのホーシー派による政権奪取とそれを巡る対立には、GCC諸国軍とイラン革命防衛隊が深く関与し、湾岸地域の代理戦争と化した。2016年初頭には、サウディアラビアでのシーア派宗教指導者の処刑を契機にサウディアラビアがイランと断交、主要アラブ諸国のイランとの関係緊張化は今年の対カタール断交へとも続いている。
 2003年のイラク戦争以降、急速に国際政治の舞台の中心で繰り返し口にされるようになった、「宗派対立」という言葉。中東における「宗派を巡る紛争」は、自明かつ不可避な対立なのだろうか。

 このたび、世界各国から「宗派」問題に関する第一線の研究者を招聘し、国際ワークショップを開催します。イラク、シリア、クウェートなどの事例を取り上げるとともに、後半では宗派を巡る言説のデータ解析、さらには国際関係の文脈で「宗派主義」台頭の分析を試みます。
 中東における「宗派主義/宗派対立」の現在を、ビビッドに、かつアカデミックに扱った包括的な国際ワークショップは、過去にも先例がありません。ご関心おありの方々は、ぜひご参加ください。

【日時】
2017年9月21日(木) 15時~19時05分
【会場】
東京大学東洋文化研究所 大会議室
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/access/index.html (Access map)
本郷三丁目駅(地下鉄大江戸線)から徒歩5分/本郷三丁目駅(地下鉄丸の内線)から徒歩6分/湯島駅(地下鉄千代田線)から徒歩9分/東大前駅(地下鉄南北線)から徒歩15分
【言語】
英語
【Date & Time】
September 21st (Thu) 15:00~19:05
【Venue】
Institute for Advanced Studies on Asia, The University of Tokyo
【Language】
in English

【Program】

15:00 開会の辞 (酒井啓子 千葉大学)
Opening Remarks: Keiko SAKAI, Chiba University

講演1「宗派主義を『脱神秘化』する:宗派アイデンティティと中東研究」
(ファナル・ハッダード シンガポール大学)
Fanar Haddad (Senior Research Fellow, Middle East Institute, National University of Singapore)
"Demystifying 'sectarianism': sect identities and the study of the Middle East"

講演2「クウェートにおける宗派主義と権威主義」
(マデリーン・ウェルズ 米国務省)
Madeleine Wells (Foreign Affairs Officer - Bureau of Democracy, Rights, and Labor, Office of South and Central Asian Affairs, U.S. Department of State)
"Stay in Your Lane: Sectarianism and Authoritarianism in Kuwait"

講演3「シリア・イラク戦闘地帯における宗派に基づいた破壊と炎上」
(ウィリアム・ハリス ニュージーランド・オタゴ大学)
William Wilson Harris (Professor, University of Otago, New Zealand)
"Sectarian Disruption and Inflammation in the Syria-Iraq war zone, 2011-2017"

質疑応答 Discussion:

休憩 Break

講演4「中東におけるオンライン上の宗派主義的アラビア語ディスコースをマッピングする」
(マーク・オーウェン・ジョーンズ 英エグゼター大学)
Marc Owen Jones (Lecturer, Institute of Arab and Islamic Studies, Exeter University, UK)
"Mapping Online Arabic Sectarian Discourses in the Middle East"

講演5「中東の新旧地域冷戦における宗派主義的超国家アイデンティティ」
(モーティン・ヴァルビョルン デンマーク・アーフス大学)
Morten Valbjørn (Associate Professor, Department of Political Science, Aarhus University, Denmark)
"(Sectarian) Trans-state Identities in New and Old Regional Cold Wars of the Middle East"

コメント/ハッサン・ハキミアン 英ロンドン大学SOAS-LMEI
Hassan Hakimian (Director, London Middle East Institute, SOAS, University of London)

質疑応答 Discussion

19:00 閉会の辞 Closing Remarks

【主催】科学研究費助成事業(新学術領域研究)計画研究B01「規範とアイデンティティ:社会的紐帯とナショナリズムの間」(課題番号16H06549)
科学研究費補助金 基盤A『宗教の政治化と政治の宗教化:現代中東の宗派対立における社会的要因と国際政治の影響』(16H01894)

【連絡先】千葉大学 グローバル関係融合研究センター内
「グローバル関係学」事務局 glblcrss@chiba-u.jp

Presented by: JSPS Grant-in-Aid
"Politicisation of Religion and Sectarianization of Politics in the Middle East"/ Relational Studies on Global Crisis B01: Norm and Identity

関連研究計画:計画研究B01