研究者紹介

山本薫(やまもとかおる) 計画研究B01研究分担者

東京外国語大学非常勤講師。
1987年東京外国語大学外国語学部アラビア語学科卒、2002年東京外国語大学大学院地域文化研究科博士後期課程単位取得退学、東京外国語大学博士(文学)。専門はアラブ文学・文化。
主な研究業績に、『現代パレスチナ文化の動態研究:生成と継承の現場から』(2015年、平成22年度~26年度科学研究費補助金基盤研究C研究成果報告書、田浪亜央江との共著)、“Writing the Civil War: Lebanese Writers’ Perspectives on a Precarious Coexistence” in Hidemitsu Kuroki , ed., Human Mobility and Multiethnic Coexistence in Middle Eastern Urban Societies 1: Tehran, Aleppo, Istanbul, and Beirut , 2015, ILCAA Tokyo University of Foreign Studies, pp.149-166 、"The Translation of Contemporary Arabic Literature in Japan: General Observation and Personal Experience", Banipal, No.52, 2015, pp. 158-167, エミール・ハビービー著『悲楽観屋サイードの失踪にまつわる奇妙な出来事』(2006年、作品社、翻訳)、「前イスラーム期アラブの盗賊・無頼詩人、サアーリーク:逆転世界のヒーロー」(2002年、東京外国語大学提出博士号取得論文)など。
International Prize for Arabic Fiction審査員(2014~2015)、The Cultural Circle Prize for Arabic Short Story (AlMultaqa Prize)諮問委員(2015年~現在)。