研究者紹介

中山裕美(なかやまゆみ) 研究計画研究A01分担者

東京外国語大学 現代アフリカ地域研究センター 講師
2006年京都大学法学部卒。京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科アフリカ地域研究専攻、地域研究修士。京都大学大学院法学研究科、博士(法学)。
専門は国際関係論、難民・移民ガバナンス、地域主義。
2012-2015年京都大学大学院法学研究科助教。2015年より東京都市大学客員研究員、2016年東京外国語大学世界言語社会教育センター特任講師を経て、2017年より現職。
単著としては『難民問題のグローバル・ガバナンス』(2014年、東信堂)。論文としては「アフリカにおけるリージョナリゼーションの展開--難民問題を扱う制度的枠組みの変容」『国際政治』159、pp. 87-100など。