研究者紹介

畑佐 伸英(はたさのぶひで) 計画研究A02研究分担者

名古屋経済大学経済学部教授
1995年創価大学卒業。97年クレアモント大学院大学修士課程修了後、インターンとして国連アジア太平洋経済社会委員会の社会開発部に所属。その後、名古屋大学国際開発研究科博士後期課程に在籍し、2002年に博士(学術)取得。早稲田大学アジア太平洋研究センター、アジア開発銀行研究所、首都大学東京都市教養学部にて、アジア地域の政治経済に関する研究に従事。その後、総合研究開発機構では、日中韓の経済協力強化に関する共同研究プロジェクトを担当し、日本・中国・韓国の3国間自由貿易協定(FTA)に関する研究を行う。さらに、日本国際問題研究所では、PECC(太平洋経済協力会議)の担当として、APEC(アジア太平洋経済協力)関連の調査研究に携わる。2014年名古屋経済大学経済学部准教授、2017年より現職。
日経・CSISバーチャル・シンクタンクフェロー、中国人民大学重?金融研究院外籍高級研究員なども歴任なども歴任なども歴任。現在、アジア政経学会、国際開発学会、APEC Study Center Japan、PECC日本委員会などに所属。