教育・研究活動


担当教員一覧 博士前期課程教育 博士後期課程教育 研究成果(教員) 研究成果(院生)
人社研特別研究員 国際交流 地域・社会貢献

博士前期課程・専攻

多様な文化資源の維持,活用などに関する総合的・実践的な教育研究を行います。 専門的な知識,国際的な視野を身につけたうえで地域社会の文化形成に貢献しうる高度職業人の養成をめざします。
社会科学系の学問における教育研究の専攻の体系性,積み上げ構造を重視しながら教育研究を行います。 社会秩序を念頭においた規範の研究と,個人の合理的行動が意図せずに生み出す社会秩序の因果的研究等について,現代社会の諸問題に対応できるような専門的人材の養成をめざします。
社会科学系の学問における教育研究の専攻の体系性,積み上げ構造を重視しながら教育研究を行います。 社会秩序を念頭においた規範の研究と,個人の合理的行動が意図せずに生み出す社会秩序の因果的研究等について,現代社会の諸問題に対応できるような専門的人材の養成をめざします。
人文科学系における教育研究の専攻の体系性,積上げ構造を重視しながら教育研究を行います。人類社会の過去と現在を誤りなく見通すことによって,未来社会を切り開くことのできる人材養成をめざします。
経営学・会計学・行政学・財政学などを総合的に学ぶことによって,高度専門職業人の養成を主たる目的とし,修了後には企業や行政機関, あるいはNPO・NGOなどにおける組織運営者や会計専門職等の養成をめざします。

博士後期課程・専攻

公共研究専攻は、哲学・文化・歴史・政策・教育の諸側面を相互連関的に捉える視点から学際的な教育研究を推進し、 未来社会において要請される公共のあり方について指導できる社会人や研究者の養成をめざすものであり、以下の5つの教育研究分野からなっています。
社会科学研究専攻は、法学・政治学・経済学・経営学など社会科学系の諸分野について、主に研究者の養成を中心にしながら、 国際的な専門職業人としても活躍できる人材の養成をめざしており、以下の2つの教育研究分野からなっています。
文化科学研究専攻は、人間の言語・文化活動について多面的な検討を行い,人類の積み重ねてきた文化的営為について根源的に考察し,未来に向けた文化の継承と発展に寄与することのできる研究者や社会人の養成をめざしており、以下の2つの教育研究分野からなっています。
専攻間共通科目群

 

多分野の教員によるオムニバス形式の講義や、それを承けた学際性涵養を目的とする少人数セミナー、留学生向け講義など目的に応じて多様な科目群が用意されています。
専攻共通科目として特別研究I・II・IIIがあるほか、研究プロジェクトとして複数の教員と院生による共同研究が行われます。また、留学生対象科目や海外研究者による集中講義、海外での研究発表を目的とした英語プログラム、史資料のデジタル化や研究遂行上必要とされるデータ収集・分析・整理などをテーマとする講義群があります。