日本シベリア学会第二回研究大会開催

日本シベリア学会
第2 回研究大会

2016 年11 月19 日・20 日
〔 於 〕千葉大学 人文社会科学研究科総合研究棟 2 階 マルチメディア会議室
〔共催〕千葉大学大学院 人文社会科学研究科 地域研究センター

プ ロ グ ラ ム

11 月19 日(土)

12:00 受付開始
13:30-13:40 開会の挨拶
13:40-15:00 特別講演 荻原眞子(千葉大学名誉教授)「来日したソ連時代のシベリア研究者たち」
15:00-15:20 休憩

15:20-15:45 発表① 佐々木史郎「ブリヤートの織機と織物」
15:50-16:15 発表② 加藤博文「G. I. Medvedev 博士とバイカル考古学」
16:20-16:45 発表③ 飯島慈裕「サハ共和国チュラプチャにおける永久凍土融解地形(サーモカルスト)」
16:45-17:00 休憩

17:00-17:25 発表④ 森田耕司「シベリアに生きるポーランド人たち」
17:30-17:55 発表⑤ 松本亮「ツングースとサモエードの民族接触の可能性」
18:00-18:25 発表⑥ 大西秀之「モノに刻み込まれた帝政ロシアの植民地経営」

18:45頃から(約2時間)懇親会

 

11 月20 日(日)

10:20-11:10 総会
11:20-11:45 発表⑦ 渡邊日日「シベリア地方主義の研究状況について」
11:50-12:15 発表⑧ 高倉浩樹「2000年代以降のシベリア先住民と環境資源問題」
12:15-12:30 閉会の挨拶