H29改組計画


人文公共学府の設置(研究科改組)について


千葉大学は、平成29年4月に人文社会科学研究科を改組し、人文公共学府を設置します。
▶改組計画公表資料についてはこちら
本掲載内容は現時点で計画中のものであり,文部科学省と協議中のため変更となる場合があります。
本改組の関する詳細は,今後,順次HP等で公開します。

 人文社会科学研究科の強み・特色となる教育・研究の実績を踏まえ,グローバルとローカルの
社会的課題に取り組む「公共学的視点」を基礎に,高度な専門的能力を養成し,次世代社会の課
題を解決する「次世代型グローバル人材養成」を目的として,人文公共学府を設置します。

①現行の博士前期課程の5専攻を2専攻に改編統合
 :基盤となる文学部・法政経学部との連携を強め,高度な専門性を養成します。

博士前期課程に「教育・学修支援コース」を新設
 :新たな教育支援専門職を養成します。

③現行の博士後期課程の3専攻を1専攻に改編統合
 :博士前期課程で養成された専門性を,人文・社会科学の融合的視点により発展させ,
  新しい課題に積極的に取り組む指導的研究者・高度専門職業人を育成します。

④「公共学的視点」の涵養を目的とし,キャリア教育を重視し,専攻・コースを貫く
共通基礎科目」を設定します。また学際性の涵養を目的とし,「分野間横断科目」を設定します。