博士前期課程教育

        

各教育研究分野のアイコン  から開講科目名・担当教員について一覧できます。
平成27年度シラバス

地域文化形成専攻

多様な文化資源の維持,活用などに関する総合的・実践的な教育研究を行います。 専門的な知識,国際的な視野を身につけたうえで地域社会の文化形成に貢献しうる高度職業人の養成をめざします。

記録情報教育研究分野 

文字によって記録,保持されてきた文化資源に関して,そこから同時代の秩序意識や世界観,生活実態や歴史変動などの情報を読み出すための精密な読解の訓練,ならびに,それら記録情報に関わる文化資源の保持・管理方法などの問題について教育研究を行います。図書館司書,学芸員,文書館員などの養成や再教育をめざします。

 

表象・物質情報教育研究分野 

さまざまな視覚表象,パフォーマンス,民俗文化,テクスト,メディア,物質資料などの分析や活用方法についての実践をふまえた専門性ある教育研究とともに, 国際的・学際的視野をもって文化・歴史・思想に関する研究を行います。学芸員の再教育や各種創作活動を展開している人々を対象とした教育も実施します。 博物館・美術館等の学芸員,教育,メディア関係など,表象,文化,歴史,情報にかかわる各分野で高度な知識をもって活躍できる人材の養成をめざします。

言語行動教育研究分野 

異文化間の円滑なコミュニケーションを図る上で必要な異文化間理解と言語学習上の諸問題について教育研究を行います。 英語教育・日本語教育に携わる教員の養成や再教育,日本語の通訳・翻訳者・学習支援者などの養成をめざします。

 

地域スポーツ学教育研究分野 

健康や生き甲斐,さらには社交の場としてのスポーツの価値が見直され,性別・年齢にかかわりなく多くの人がスポーツにかかわるようになって,現代スポーツは様々な意味を帯びて多様化しています。そこで,地域スポーツに内在する諸問題を様々な角度から総合的に捉え,これまで蓄積されてきた多角的なスポーツ科学の知見を踏まえつつ社会に貢献できる人材の養成をめざします。

 

公共研究専攻

社会科学系の学問における教育研究の専攻の体系性,積み上げ構造を重視しながら教育研究を行います。 社会秩序を念頭においた規範の研究と,個人の合理的行動が意図せずに生み出す社会秩序の因果的研究等について,現代社会の諸問題に対応できるような専門的人材の養成をめざします。

公共思想制度研究教育研究分野 

思想・哲学的研究と政策・制度的研究を連携させつつ,公共性実現に向けての教育研究を行います。 これにより,思想的・歴史的観点を踏まえて現実的・実践的政策を考えることのできる公共的市民の育成をめざします。


共生社会基盤研究教育研究分野 

世界のさまざまな言語,文化についての研究・教育を深めるとともに,多言語・多文化の接触,摩擦などの現象を考察します。 これにより,国際的な視野を持ち,共生社会の基盤的条件である相互理解の増進に貢献し得る人材を養成します。

 

社会科学研究専攻

社会科学系の学問における教育研究の専攻の体系性,積み上げ構造を重視しながら教育研究を行います。 社会秩序を念頭においた規範の研究と,個人の合理的行動が意図せずに生み出す社会秩序の因果的研究等について,現代社会の諸問題に対応できるような専門的人材の養成をめざします。

法学基礎理論教育研究分野 

専門法務研究科(ロースクール)の教育とは性格を異にして,本教育研究分野では,法学諸分野についての基本的な分析と総合を可能にする, 理論的・比較的アプローチによる教育を行うとともに,先端分野の研究への導入を行います。

経済理論・政策学教育研究分野 

経済理論・政策学コースワーク・プログラム高度に専門化した最先端の専門論文を読みこなし,自ら独創的な理論研究や企業戦略略・政策を立案し,教育方法を開発する能力を涵養するために,  今日までの先駆的業績を踏まえたミクロ経済学,マクロ経済学,計量経済学,及び経済理論・政策学の専門分野毎の現在の到達水準を,基礎から体系的,積上げ方式のコースワークで教育します。
金融経済アナリスト・プログラム金融の分野を含む経済学及び統計学の基礎を集中的に学ぶ,完全コースワーク型の前期課程です。社会人学生の受講の便宜を図るため,主要科目については,正課講義に加えて,週末に都心でサテライト補講を行います。

 

総合文化研究専攻

 人文科学系における教育研究の専攻の体系性,積上げ構造を重視しながら教育研究を行います。
人類社会の過去と現在を誤りなく見通すことによって,未来社会を切り開くことのできる人材養成をめざします。

言語構造教育研究分野 

コミュニケーションを媒介する言語について,その基礎構造に関する分析を中心に教育研究を行い,人間における文化活動の根本をなす言語への根源的な理解を涵養します。

比較文化教育研究分野 

ヨーロッパ・アメリカの文化と,これを受容した近代以降の日本社会とを対比的に検討し,文化理解,並びに比較文化の基礎的な方法を習得することを目的とします。

人間行動教育研究分野 

人間の認知・心理に関わるメカニズムの検討など,自然科学的な手法に基づく研究領域とも協同しつつ,文理融合の視点から,広く人間行動についての教育研究を行います。

 

先端経営科学専攻


経営学・会計学・行政学・財政学などを総合的に学ぶことによって,高度専門職業人の養成を主たる目的とし,修了後には企業や行政機関, あるいはNPO・NGOなどにおける組織運営者や会計専門職等の養成をめざします

 

研究科共通科目群 

教員名 授業科目 授業科目(英文表記)
久保田 正人 英語表現法 English for Graduate Students
海田 皓介
 (非常勤講師)
国際研究交流論A Lecture   in Foreign Language A
海田 皓介
 (非常勤講師)
国際研究交流論B Lecture   in Foreign Language B
外国人招聘講師 国際研究交流論C Lecture   in Foreign Language C
田川 史朗
 (非常勤講師)
人文社会科学研究特論 Study on Humanities and Social Sciences
吉沢 文武
 (非常勤講師)
人文社会科学研究特論演習 Seminar on Humanities and Social Sciences
海田 皓介
(非常勤講師)
外国語運用法 Foreign Language Skills for Researchers
伊丹 謙太郎 公共研究特論 Study on Public Affairs
小野 千香子
 (非常勤講師)
公共研究特論演習 Seminar on Public Affairs
石井 正人 ライティング基礎論 Academic Writing
石井 正人 プレゼンテーション基礎論 Academic Presentations
石井 正人、
伊丹 謙太郎
人文社会科学リサーチ方法基礎論 Basic Methodology and Ethics of Research in Humanities and Social Sciences